スポンサードリンク

2007年06月19日

PET検査の特徴

こんにちは!!FP晶です。昨日の続きで『PET検査の特徴』です。

新しい概念の検査機器・・・・CTMRIなどの従来の診断機器は形態の変化で
                   がんを発見しますがPET糖の代謝に基づいた画像で
                   がんを発見する画期的な診断機器です。
                   両方の機器を組み合わせた一体型のものをPET/CTと呼び
                   これにより診断能は飛躍的に向上します。

一度の検査で全身の
スクリーニングが可能・・・・
従来の検査では、がんの可能性が高い部位のみ、
                  CT・MRI等の検査を行っておりましたが、PET検査では
                  一度で全身の検査を行います。これにより予想外の部位で
                  がんを発見したり、転移の有無についてなども調べることが
                  できます。また、PETCTを組み合わせることにより、
                  より精度の高い検査が可能となりました。
PET/CT検査による
    被曝について
・・・・PET検査では放射性薬剤を投与しますが、これによる被曝線量は
                 胃バリウム検査の約半分(胃バリウム検査4mSv、PET検査:約2.2mSv)です。
                 放射性物質は2時間後には約半分に減少し、翌日にはほとんど体内に残りません。                             
                 また、PET/CTではCTを同時に撮影致します。
                 被曝量は約6〜10mSv加わりますが、これによる副作用、今後のお体への影響は
                 ありません。安心して検査を受けていただけます。

くわしくはこちらを御覧下さい^^http://www.nakatsu.saiseikai.or.jp/pet/

狂速のパーフェクト禁煙法〜1日3箱のヘビースモーカーも我慢しないで禁煙できた!たった1秒で成功する、知らないうちにやめられるダイエット禁煙法

生活習慣病を誘発する【メタボリック症候群】を完全シャットアウト!!365日返金保障!

◎MyYahoo で見れます        ポチッ^^  にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

◎iGoogleではこう見れます^^
【関連する記事】
posted by FP晶 at 17:41| Comment(34) | TrackBack(5) | がんと戦え!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。